【解決済】Adobe CCとMac OSX El Capitan の組み合わせでメモリ異常消費の不具合発生中

12月3日現在、Adobe Creative Cloud と Mac のOSX El Capitan の組み合わせで、一部の方でCPUの使用率が高くなるトラブルが発生しているようです。

11月27日のCreative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデートを行ったユーザーの一部の方に発生する模様で、まさに私です(笑)

11月29日にAdobeも公式にお知らせを出しています。


https://forums.adobe.com/docs/DOC-6661

Adobeも不具合を確認しているようです

Adobeも不具合を確認しているようです

私もここ数日、Macが急に重くなったなぁと感じていて、アクティビティモニタで調べたところ「CCLibrary」「CCXprocess」というプロセスの使用メモリがあっという間に大きくなる現象が見つかりました。

アクティビティモニタ

アクティビティモニタの様子Adobe CC関連のプロセスのメリ使用量がメモリを圧迫

このプロセスを強制終了させると一時的に、メモリの空きは増えるのですが、あっという間に再びCCLibraryとCCXprocessのメモリ使用量が肥大してしまいます(泣)

暫定的な対処法として、Creative Cloud デスクトップアプリケーション(Photo ShopやIllustrator本体ではなくてアップデートやインストール、同期などをするアプリの方です)を削除する方法が提案されています。

Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーション アンインストール方法(Adobe)

随時Adobeより最新の情報がアップデートされるかと思いますので、アップデートを気にしておく必要がありそうです。

Adobeのサイトによると、クリティカルな問題として11/30現在対応中とのことですので、早く解決されるのを待ちたいと思います。

【update 2015/12/18】

12/12に上記問題を解決した Creative Cloud デスクトップアプリケーション がリリースされたようです。

一度 Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンイストールしたうえで、新たにインストールすることが推奨されていますので。詳しくはAdobeのフォーラムの投稿をご覧ください。

良かった〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする